北上歯科医院

診療案内

一般歯科

治療が長い、痛いと感じている方は多くいらっしゃると思います。
むし歯の進行が進んでしまった状態から治療をスタートすると、治療期間も長く必要になり、小さな治療よりも痛みも伴う場合があります。

なぜ治療に時間がかかるの?

むし歯が神経まで進行してしまった場合は、神経を取り、根管治療(歯の根や神経の治療)が必要になります。
根管治療は、根にある細菌を完全に取り除く作業をするため、何度も根の消毒が必要な場合があります。
細菌を取り残した状態で、被せ物やつめ物をしてしまうと、細菌が増殖し、トラブルになってしまう場合があります。

予防歯科

お口はなかなか細かいケアが難しい部分となっていますが、体の健康診断と同様に、定期的に検診やケアを行う事が大切です。
一人ひとりに合った予防策のごあんないや、、専門的なクリーニング、ブラッシング指導など、口内環境に合わせたケアや処置のアドバイスも行っております。

歯周病治療

歯周病という言葉を最近良くテレビで耳にする用になりましたが、実際にはとても恐ろしい病気です。自分でも気付かないうちに病気を進行させてしまうことがあります。近年では、多くの病気ともかかわりがあるかもしれないといわれているため、早期の治療をオススメ致します。

睡眠時無呼吸症候群マウスピース

その他診療

当院では、むし歯や歯周病の治療以外にも、親知らずの抜歯や口内炎治療、顎関節症など、お口の中やその周りのトラブル・疾患の治療を行っています。
お口に関して気になることがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。
難症例の場合などは、必要に応じて適切な医療機関へのご紹介も行っております。



保険外治療

ノンクラスプデンチャー

『ノン・クラスプ・デンチャー』とは、部分入れ歯の金具(バネ)がないものです。
『金属の止め具がない入れ歯』とも言います。

現在義歯を使用している方はわかるかと思いますが、部分義歯(入れ歯)には、入れ歯が動かないようにするための金属製の金具(バネ、止め具)が付いています。
この金属製の金具(バネ、止め具)が審美的に問題を起こすのです。

当医院でも、義歯はなんとか使用できるが、『金具が見えてしまうため、どうにかならないか?』というご要望がよくあります。
保険診療の部分義歯の場合、どうしてもこの金属製の金具(バネ、止め具)が存在します。

『ノン・クラスプ・デンチャー』は、金属製の金具(バネ、止め具)の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えます。
そのため、口を開けてもが金属製の金具(バネ、止め具)見えないので、審美性に大変優れています。
さらに、破折に強い素材で歯肉の色調と同化するのが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。
日本では最近になって知られるようになりましたが、アメリカでは50年以上の実績があります。

セラミック

奥歯の治療で詰め物を入れるとき、一般的な保険診療では銀歯での治療となります。
今まで白かった歯に金属が入ってしまうとそれだけで目立ってしまいますし、また金属アレルギーの心配なども生じてきてしまいます。

それを解決する詰め物がセラミックというわけです。
セラミックは見た目もわからない程審美性に優れ、また精度も良い事から虫歯になるリスクも少ないと言われている材料です。

ジルコニア ポーセレン

ポーセレンとは、セラミック(陶器)でできた白い歯科材料のことで、基本的に保険適用が出来ず自由診療(保険外治療)での治療となります。
また、ジルコニアは口の中でも安定し、歯や歯茎に馴染み体に悪い影響を与えることが少ないため、近年よく使用されている材料です。

スポーツマウスピース

ラグビーなどでおなじみのスポーツ用マウスピースの制作も可能です。その他にもマウスピースは寝ている間の歯ぎしりにも効果的です。
気になる方は一度ご相談をお願い致します。

ホワイトニング

白い歯でいることが、身だしなみの一部として捉えられる時代になりました。かつては特別だったホワイトニングも、すっかり身近な治療です。
歯を白くしようと思って自己流で取り組んでも、ほとんど効果が得られないのが現実です。歯科医院できちんとしたホワイトニングを受けてみませんか?

ホームホワイトニング

睡眠時無呼吸マウスピース(ソムノデント)

保険外義歯

セラミック補綴

ハイブリット補綴

PAGETOP